手とてとテ「若柳地織」

仙台・宮城の手しごとを紹介する「手とてとテ」から「若柳地織 100年、ともに歩む」の映像を監督しました。


100年以上前の織り機で作られ、さらりとした肌触りの若柳地織。手間のかかる織り機ですが、その織り機にしか出せない風合いを大切にしてきた千葉さんの眼差しと仕上がりを1つひとつ手のひらで確かめる姿に深い愛情を感じました。





音楽はタップダンサーの熊谷和徳さんとも共演した仙台在住のピアニスト・Kikuchi takuroさん。


撮影:石塚淳(cap)

監督:高平大輔


→戻る